ばあさんの繰言

アクセスカウンタ

                 

zoom RSS もうひとりの同居人

<<   作成日時 : 2006/07/08 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
我が家のワンチャンと前後して同居人になった母についての事です。父と母は元気に、二人だけで地方都市に住んでいました。私が結婚して大阪に住むようになると、年に2回ほど二人でよく3日ほどですが泊まりに来ていました。庭の草引き、雑木の手入れなどしたり、あちこちに出かけたりと楽しんでいました。父が92歳、母が88歳の時父が倒れ、母ひとりでは看病できなくなりました。私には年の離れた兄がひとりいたのですが、身体を悪くしてその頃入退院を繰り返していて、兄嫁はその看病で父に手が回らなく、私の出番となったのです。(こんなときは兄弟の多いほうが心強いですね)
私の家の近くの掛かりつけのお医者さんが、父を引き受けて下さったので、二人とも我が家へくることになりました。主人が私の身体を心配してくれて引き取ってくれたのです。本当に感謝しています。それからしばらくして父が亡くなり、そのまま母がいるというわけなんです。
母はもう少しで98歳になります。耳が最近少し遠くなりましたが(悪口はよく聞こえるんですよ不思議です^0^)、いたって元気です。主人は五人兄弟の五男で、父母もなくしているので母におかげさまで優しくしてくれます。母と口げんかしているといつも私に「いくつの人を相手にしているんだ」と母の味方をします。でも〜!と言うものの、内心うれしいのです。それにしても近頃は母の態度がでかい!!今日も「男たちの大和」を3人で見に行ってきました。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいお母様とご主人ですね。 
我が家はだ〜れも「親」と呼べる人が居ません。 
どんな形であれ、居るだけで心強い・安心する。  
居る時は「うるさい」「困った」も有ったけどどうか大切になさって下さい。 
羨ましい限りです。 
おたん
2006/07/09 03:13
良いご一家ですね。
我が家では、私が一族の長老です。
長生きが出来ない家系なのでしょう?
両親の歳をとうに越えて現在もとりあえず
丈夫に過ごしています。私の代から長生きに
なるのかな〜?(笑)

2006/07/09 08:15
おたんさん
ありがとうございます。
「故郷は遠くに在りて想うもの」っていう名言ありませんでしたか(^^)
昨日も近くの文化会館であった「男たちの大和」を見に行ったのですが、音声が大きくてよく聞こえたと思ったのですが、七割がた聞こえたとの事です。補聴器は嫌がるし、何度も同じ事を大声で言わなければいけないのです。
私の電池切れが最近早いのはそのせいです(^0^)
のろばあさん
2006/07/09 11:18
姥さんおはようございます。
いつもありがとうございます。
ご両親が早世なさった代わりに、ご兄弟全員そろってご長寿というお宅もよく聞きますね。
姥さんのお宅も、そう言うことに成られるのではないでしょうか。
父が亡くなったときには、兄は体の具合がますます良く無いのに、私のうちまで出てきて喪主を務めてくれて翌年なくなりました。私とは10歳近く離れた兄ですので可愛がられたことしか思い出せません。母の嘆きは当時は大変なものでしたが、私たちの家族やお友達に励まされて立ち直りました。子供が親より早く逝く事はこんな親不幸はないと思い知らされました。
そんなつらいことも時が癒してくれるのでしょう、近頃はホント老人特有のわがままが出ています困ったものです〜(^^)
のろばあさん
2006/07/09 11:41
どんなになろうとも親が居ることは有り難いことだと思います。98歳で映画にお出掛け、お元気で、何よりです。『大和』良かったでしょう。戦争を知らない私でさえ心打つ物がありました。又ご主人様の暖かさ良いですね〜自分の母親でもないのにお母様の味方をする。大阪のおばさんとってもお幸せですね〜(^^)
涼華
2006/07/10 10:23
涼華さん今日は。
今日朝から足場を組みに職人さんがきていて落ち着きません。10時も3時もお茶や、缶コーヒーがいいそうで、ほっとしています。暑いときなのに周りにネットを張り巡らすらしいで
す。
戦争ものの映画を見るといつもどうしてあんな悲惨な事をしたんだろう、誰も止められなかったのかと思います。普通の人々の、幸せな人生を送れたであろう事を思うとき、心が詰まります・・・。
涼華さん、ホント愚痴を言ってると撥が当たりますよね。こんな年まで母と一緒に暮らせるんですから・・でもでも少しだけ、この場だけ言わせてね。(世間様は、可愛いお母さんで貴女幸せね。といつも言われています。)デモデモいつも親らしく上から物を言います。こちらも気分が悪いときはカチンと来るんですよ!!
友達に言うと「親だから仕方ない」と、取り合ってくれませんトホホホホ。
のろばあさん
2006/07/10 14:03
残念ながら幾つになっても子供は子供なんですよ〜。我が家も大きいおばあちゃんが60過ぎの義父を捕まえて「○○ちゃん寒いから、セーター着ときよ〜」と着るまで後ろから付いて回っていましたよ。それを見て老いては子に従えなんて言うけれど子供は幾つになっても子供であり子供から見たら母は幾つになっても偉大な母なんだなっと思ったものです!
涼華
2006/07/11 12:17
体操から帰ってきました。クーラーのきいたところでの体操は気持ちいいですが、外に出るとどっと汗が吹き出ます。
昨日「みのもんたのおもいっきりテレビ」を見ていたら、(玉のような汗は無駄な汗。)なんてどこかのお医者さんが言っていました。
私にぴったりやわ〜!無駄な汗なんだーと、がっくりです(^^)
涼華さんの仰るとおり「母は偉大なり」と、しときます。だって私も母なんですから!!
それにしても、涼華さん大ばあちゃんも一緒に住んでおられたのですか?
のろばあさん
2006/07/11 16:12
全盛期は8人いました。家も逆縁で義父から他界大ばあちゃんもその4年後に93歳で・・息子は結婚して独立。只今娘2人義母主人の計5人で住んでいます(^^)後もうすぐワンコが来ますけどね!
涼華
2006/07/11 17:39
う〜ん大家族でその数の変遷もお見事です。
我が家のお嫁さんがそれに近いです。
結婚したときは私たち夫婦に、就職したての次男それに長男夫婦とで5人家族。次男は寮にでも入るのかと思いきや、地方出身者だけでだめ。それからしばらくしたら初孫+私の両親で合計あっという間に8人になり、すぐに父が亡くなり7人、しばらくしたら二人目の孫が加わって8人でしばらく過ごしていました。
そのうち長男一家が東京に転勤となり、次男も香港転勤で出て行き今に至っています。
涼華さんのお宅もワンチャンが加わってひときわにぎやかに成りそうですね。
のろばあさん
2006/07/11 21:02
大阪のおばさん宅も賑やかでしたね。主人の会社は大阪にしかありませんので、転勤はありません。偉くなったら別ですがそれも無いようなのでここにズート居ると思います。息子さんたち遠くにお住まいでチョットさみしいですね。大阪にはもどられますの〜?
涼華
2006/07/12 09:53
涼華さん
今日も湿気の多いいやなお天気ですね。
それなのに私は医者さんに行ってきました。
治療は終わったのですが、一月後に定期診療の予約を取らされました。予防に熱心な歯科医院です。
長男たちは今で3年目ですから、もしかしたら来年あたりにはといっていますが・・。息子の勤務する会社はお茶の水ですが、会社が借りてくれた家は埼玉県のふじみの市にあり2回ほど3人で泊まりに行ってきました。その頃は次男がうちに居ましたのでワンのsっ和をしてくれていたので、便利でした(^o^)//
のろばあさん
2006/07/12 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうひとりの同居人 ばあさんの繰言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる